<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink * - * -

フジのドラマのおはなし。

TameZoです。独り言を言います。きいてください・・・

 これまで、月曜9時といえば、フジテレビと言われていた時代があった。かつては東京ラブストーリーとか、ラブ・ジェネレーションとか、恋愛ドラマを中心に力を入れていたが、今では違う時間帯に他局の番組が視聴率を取り始め、月曜9時以外の時間に力を入れざる終えない状態に。今シーズンはそれが浮き彫りになってしまっている。

 一通り、今クールのフジのドラマを見てみたが、月9ドラマは、新しい試みに挑戦するのはいいが、とても中途半端な感じ。「は?」といった笑えもしないコメディータッチのドラマに失望。明らかに火曜や木曜に放送されている他のドラマのほうが、手間も時間も、お金も掛かっているようなものなだけに、手抜き感が至る所に滲み出てしまっています。

  さて、では、その火曜や木曜に放送されているお金の掛かってそうなドラマについて少し解説。「救急病棟24時」というドラマ。これは、今回でシリーズ3作目。しかし、これまでと大きく違うところがある。先ずは、物語のテーマ。今回は趣向を変え、首都圏に大地震が起こったら・・・という大きなテーマを主軸に動いている。そして、タイトルCGもケネックジャパンではなく、フジのCG部が手がけているっぽい。そして、一番の違う点は、これまでFCCという制作会社を主に置き、FCC所属の田島大輔監督をメインに制作してきたが、今作はフジだけ。監督も、これまで中心でやってきた彼ではなく、フジのスタッフが占めている。さて。では、なぜ田島監督が降ろされたのか?
続きを読む >>
permalink * comments(0) * trackbacks(0)

過去からの日記(仮)

 昨日、世にも奇妙な物語が放送された。毎回欠かさず見ているこの番組。今回の世にも〜の見どころは、監督・プロデューサーから、ドラマ脚本家として転進し、久々に監督として参加する福本義人監督(フジテレビのワンダースクールで指導してくださった人)と、あの君塚良一が脚本・監督を務めるというところかな。もう終わっちゃったけど。

 個人的に好きだったストーリーは、「過去からの日記(仮)」実にロマンティックなストーリーで、ほんの15分弱のショートドラマで、ありがちなストーリーなのに、本当に余計なことは語らず、綺麗なままの展開で、開始2分くらいで、もう心が×△□○。
 3年前に文学賞を受賞した新進の小説家が、今では、小説も書かずにアルバイトを送るばかりの生活だった。ところが偶然、自分の本を古本屋で見つけ、束で購入したことから運命が変わり始めた。その束の中に、見知らぬ日記が紛れ込んでいたのだ。それは、時空を超えて3年前、病に犯され、余命一年の少女と繋がっていた。孤独と絶望を共有するふたりは、いつしか時を越えた交換日記を始める。余命を告げられた少女に、彼女を励まそうとする小説家は、2004年の明日、病院のベンチで会おう。と日記で約束をする。果たしてこの約束は守られたのだろうか?

・・・なんか予告みたいなあらすじだけど、これがまたロマンティック♪君塚良一監督の作品は、これぞ王道って感じの世にも〜的作品でしたね。なんかいっぱいいっぱい感がにじみ出ていて、まるでアマチュアショートドラマの優秀作品を見てるようでした。
permalink * comments(1) * trackbacks(0)

逃亡者

 どうなんでしょう?このドラマ。既に、三分の一が終了した時点で、話の進展がとっても微妙。また、ちょっと「24」を意識した映像表現なんですが、カメラが余りにブレすぎるために、CMに入って、ふと目をつぶると、酔った気分になって少し気持ち悪い症状を感じる人、結構いるのではないでしょうか。映像としてのハラハラドキドキ感とか、同時刻に違う場所でみんなが何をしているか、という「24」的な表現がとてつもなくイマイチ
 が一方で、音楽が長谷部徹なのに驚き、その音楽表現に脱帽。ストーリー展開も、映画や以前のドラマとは違ったテイストに仕上がっているので、結構面白いので、半々という感じです。12話常に逃亡しているわけではないはずなので、今後の展開に期待。
permalink * comments(0) * trackbacks(0)
All Time BEGIN All Time BEGIN
【2007年4月8日まで公開】