君という名の未来へ
君という名の未来へ (JUGEMレビュー »)
ナシル
2曲目の作詞・作曲・編曲を担当しております!

RSS 1.0
ATOM  0.3
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
  →TOPへ戻るっぽい。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
音楽というタカラモノ
 今日、ひかり荘の「恋愛男子寮」という企画で、熊野氏とSHUNSUKEさんがラブソングについてのトークがあった。

 音楽を楽しめる趣味を持っていて良かったな〜っていうこと。

 音楽が無ければ、出会えなかった友達はたくさんいるし、自分の学生生活の大半は音楽だったから、これを抜かして考えるとなると、きっととてつもなくつまらない人生を歩んでたんじゃないかと思う。

 今日、友人から小包が届いた。中には、ビデオテープが入ってる。結婚式のビデオだ。
 だいぶ前に、結婚式の招待状が届いていたんだけど、どうしてもいけなくて欠席に○をして出したわけ。それで、その返事をご丁寧に送ってきてくれたんだけど、そこに、「結婚式で流したいから、1曲作って欲しい」っていう一文が。
 よし!作っちゃる!と、もう10年以上前に二人で作った曲のフレーズを入れ混んだ曲を作って贈ってあげた。
 今日届いたビデオを見てたら、こっちまで涙がでてきちゃったよ。そのフレーズが流れ始めたとたん、泣き出しちゃってるんだもんさ(^^;

 友達のためにWEBを作ったり、映像を編集したこともあったし、他にも曲を提供した機会もたくさんあったけど、このビデオには、それらとは違う何かが込められてる気がしたよ。わざわざ送ってくれてありがとう。


 今日の恋愛男子寮で、熊野氏も言ってたけど、「歌を歌ってて良かった」って、自分の中にある”音楽”の大切さを再確認してたのがとても印象的だった。今日、届いたビデオを見て、自分も、”音楽”というものがどれほどタカラモノなのかを知ることが出来た。

 改めて、結婚おめでとう!そして、人生で大切な時をこんなヤツに提供してくれてありがとう!
| music | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
Hirobays CAFE&BAR
 ついに告知が出来るようになりました。。昨年の10月辺りから録音を始めた、TameZo初のピアノ・フルアルバムの発売です。

Hirobays CAFE」は、朝や昼、太陽の下で聞きたくなるような曲をセレクト。
Hirobays BAR」は、夜のバーや部屋で聴きたくなるような曲をセレクトしました。

[詳しくはこちら]



 過去に作ってきた曲や、新しく作った曲、新たに一部分を追加して曲に仕上げたものを寄せ集めて、片っ端から録り直して完成しました。Studio8267の5周年プロジェクトとの共同制作なのですが、整音周りをお任せしています。
 全てグランドピアノで演奏したわけですが、ホールのピアノであるだけに、音が素晴らしく綺麗に収録されています。沖縄で車を飛ばしながら流していたわけですが、ドライブにもぴったりな曲がちらほら・・・もちろん、小出しに収録曲や視聴を考えているので、しばしお待ちを。
| music | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
感性とは?
 この数年間、毎日欠かさず曲を作り続けている。自分が作る曲には、ほとんどタイトルが無い。全部、作った日の日付がその曲の名前になっている。だから、この4〜5年間のクリスマスに作った曲を聞き比べたりとかすることもできてしまう。最近、一度作り上げた曲を再アレンジしたりする機会が多くなって、昔作った曲を聴いてみたりすると、今の自分とは全然違う感性の曲がそこにはあって、驚いてしまう。人間の感性は成長するものなのだろうか?
 BEGINのライブに行った日は三線の入った曲が出来上がったり、Hans Zimmerの奏でる素晴らしい音楽が流れる映画を観にいった日には、壮大な曲が出来上がったりする。
 感性とは、性格の様にその人を表すものではなくて、記憶とか、日記のように、生まれては消えていく産物なのかもしれない。一つ一つの曲に、その時そのときの自分の感性が込められている。感性とは、瞬間的なもの。改めて感じさせられた。
| music | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |