君という名の未来へ
君という名の未来へ (JUGEMレビュー »)
ナシル
2曲目の作詞・作曲・編曲を担当しております!

RSS 1.0
ATOM  0.3
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
  →TOPへ戻るっぽい。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今月、引っ越します | main | 1ヶ月ぶりのご無沙汰。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
引き出し
 みなさんは、人生の引き出しをどれだけ持っているだろうか?

 6ヶ月ぶりに、無性に書きたくなった。それは、別に展開している自分のブログの容量がいっぱいになったために、記事を一つづつバックアップを取っていた時。仕事に就き始めてバリバリ研修中の去年の5月に、自分が思いを綴った記事。そこに、今更ながら考えさせられる文章があった。

 それは、研修でずっと就いていてくれた上司からの言葉。

 「編集というのは、いわば自分の中の価値観でいくらでも変わるもの。ただ、長年の経験を積んだ人と、新人の違いは、1つの素材だけで数十通りの編集が出来るくらいの引き出しを持っているか否かの違い。その引き出しを、これから経験を積んで作っていかなければならない。これから、いろんな人に編集の極意についていろいろ言われる。ある人がコレはいいと言っても、ある人はダメというかもしれない。でもそれを自分の一つ一つの引き出しにしまえば、そのときから自分の編集の一つとして加わる。」

 これを読んで、ふと人生に置き換えてみた。十人十色と言われるように、人にはいろんな生き方がある。人生は一度きりかもしれないけど、生き方は何通りも選べるのではないか。それこそ、十人全員が、十色の生き方を持っても悪くはないんじゃないか、と考えてしまった。おっと、今の自分の生き方を否定しているわけでは決してない。むしろ、今の生き方をもっと深く経験したいくらいだ。

 ただ、 「こういう生き方もあるんだ。なるほど。それほど悪くはないな。」と、それぐらい自分を客観視できる生き方をしてみたいな〜、なんて思ってしまう。

 ・・・自分には、まだまだ引き出しを増やせる場所はあるけれど、肝心な引き出しがまだ少ない気がする。その引き出しが揃ったら、人が羨むくらいの生き方を閉まっていきたいな。1度しかない、素敵な人生を送るために。
| column | 02:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 02:29 | - | - |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tamezo.jugem.cc/trackback/448
人生、生き方のことがあったのでTB失礼します。ご迷惑なら削除願います。
| ごんさんの「人生を考える徒然日記」 | 2006/09/20 1:04 AM |